資産運用のコツ|1億円の投資でビジネス成功

インカム収入を得る

電卓

定年退職をした60代や70代の人たちを中心に、1億円を活用して資産運用を行うときには、安定性を重視する姿勢が鮮明です。従来は定期預金で運用するスタイルが中心でしたが、低金利の現在では国債や地方債を活用しながら、インカム収入を得る人も多いです。しかし国内債券の利回りが1パーセント大きく下回る現状では、運用スタイルを見直して、新たな投資手法の構築が求められるでしょう。特に1億円の資金がある富裕層の場合には、賃貸アパートを積極的に購入して継続的に家賃収入を得るのが、堅実にインカム収入を得るコツです。オーナー向けのサービスも充実しているので、賃貸経営に関する知識がない場合でも、5パーセント以上の利回りを確保することは容易です。都市部の人気エリアのアパートも1億円程度で購入可能なので、資産価値の高い物件を活用して、安全性の高い不動産経営が行えるでしょう。しかし不動産に集中投資するのではなくて、グローバルな視点で株式も購入するのが、理想的な資産運用のスタイルです。高い配当利回りが期待できる海外株式も多いので、1億円で先進国を中心に代表的な銘柄を購入するのが、退職した人に適した方法です。ネット証券を使うことで、海外株式購入の手数料も節約できるので、低コストで効率的な運用を行うことも可能です。投資について勉強する時間が十分にあるシニア層のメリットを活かして、割安な銘柄を発掘するのが、高い収益性を実現する秘訣です。