資産運用のコツ|1億円の投資でビジネス成功

申し込みを行う際の注意

スーツの人

提出する書類に関して

海外FX業者で口座開設を行う場合には事前にいくつかの書類を用意しておく必要があります。多くの海外FX業者で身分証明書の提出を義務付けており、パスポートや公的なIDなどがその対象になっています。海外FX業者によっては口座開設の際に日本の運転免許証でも身分証明書として認めてくれる場合もありますが、パスポートのみしか受け付けていない場合もあるため、事前にしっかりと確認を行っておく必要があります。提出書類などに不備がある場合などには出金手続きが拒否されたり、大幅に時間がかかったりするケースがあるため、提出書類の届け出などは口座開設後、すぐに行っておくことがポイントになります。一度これらの書類を提出して受理されておけば、出金手続きもスムーズに進みます。

国内業者との違い

海外FX業者での口座開設は国内業者に比べて簡素な手続きになっており、5分程度の入力時間で口座開設を完了することが出来ます。身分証明書の提出なども後から行うことができるため、すぐに取引を開始することができる点が大きな特徴です。国内業者の場合は口座開設申し込みから1週間〜2週間程度、審査などに時間がかかるケースが多く、すぐに取引を開始することは通常出来ません。今すぐ取引をしたい、チャンスを逃したくない、とりあえずポジションを持ちたい、などと考えている場合には国内業者よりも海外FX業者の方がおススメです。また高いレバレッジや追証ゼロなど独自のサービスも大きな魅力になっており、自分に合った海外FX業者を探すことが重要です。